2018年04月22日

被害者敏感、加害者鈍感。

被害者敏感。加害者鈍感。
セクハラ、パワハラについては、他人事ではありません。
私は福田さんを擁護するつもりはありませんが、ひとつ思ったのは…
彼も昔(若い頃)は同じことをしてもセクハラとは取られなかったのかもしれないということです。
不快に思うか思わないか?
言い換えれば誰から言われるか?
下ネタを言っても不快に思われない人もいます。

福田氏さんもいわゆるエリート街道を歩いて来た人ですから、多分、昔はそれなりにモテたのだと思います。
てすから、その当時は、行き過ぎた下ネタも許されていたのかもしれません。
しかしながら、年齢を重ねオヤジになるとともに…許されなくなる…
それに気がつかず、昔のようにウケると思って、習慣のまま…

今回のことは反面教師。
私も気をつけようと思いました。
昔と同じように下ネタを使うことは危険です。
昔は「〇〇さんたら〜エッチ〜」と喜んでもらえていたのが、今は「最低」と言われかねませんから…













posted by K5 at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

テレ朝社員の実名

出でこいやぁ〜
なんて書いてしまいましたが、すでに一部のネットメディアでは進優子さんという実名が出ていたんですね。
実名が出たのでもうこれ以上、とやかく言うことは一個人への攻撃になりますから控えます。
ただ、発言力を持つ記者、そしてメデイアに携わる人間は、その発言によって、時には人の人生を変えてしまう可能性があるのですから、その言動に自信と責任を持っていただきたいものです。




posted by K5 at 08:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレ朝社員に対する疑問…出でこいやぁ〜

前記事で、テレ朝の社員を否定しました。
それは、その社員が何をしたくて、メデイアを仕事に選んだのか?
という疑問があるからです。
「ペンは剣より強し」という言葉があります。
もしそれがわかっているのであれば、今回の行動にはうなづけません。
剣を振るうということは、それ相応のリスクがあります。
不幸にも今回、セクハラの被害者になってしまいましたが、考えようには、ジャーナリストとしてのチャンスでもありました。
このままでは、マスコミに憧れて(正直、一見華やかに思われますから)、そこそこの学校を出た、もしくは縁故わくで入社したものの、日本を動かしているのは自分だという大いなる感違いでしか立場を守れない**(自主規制)官僚の担当を押し付けられ、仕方なく仕事をしていた一社員で終わってしまいます。
まぁ、被害者として擁護されて、今後も何食わぬ顔で社員記者として、サラリーマン生活をエンジョイするという選択も賢いと思いますが…
この社員がコメントとおり、女性が働きやすい社会にしたいと真から思うのであれば、自ずから何をすべきかが分かると思います。
私としては、これまでの動きを見る限りまったく期待はしていませんが…
勿体無いと思います。


posted by K5 at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする